熊本地震に際し、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます
2016年4月14日21時26分ごろ、九州地方を震源とするマグニチュード6.5、震度7の地震が発生しました。熊本県では多くの被害を被りました。余震が続く中、東京都では、翌15日、警視庁から特殊救助隊10名を派遣し、1,700枚の毛布を熊本県に搬送いたしました。そして4月16日1時25分ごろ、マグニチュード7.3、震度6強の地震が起こり、これが本震であったと修正されました。同日9時20分、政府の代表として熊本に派遣されている担当副大臣の松本副大臣より私のところに連絡があり、東京都の防災担当副知事と連絡が取りたいとのことでありました。内容については、上下水道、特に井戸施設に関する応急復旧の技術者が不足している。給水袋(容器)が不足しているとのこと。日曜日ではありましたが、直ちに担当副知事に連絡し、その旨を伝えました。そして4月16日には特殊救助隊17名を含む機動隊145名と東京消防庁より6名が出発。翌17日には井戸施設の技術者を10名、情報収集職員2名を派遣。また、東京都医師会より医療救護班3班を派遣いたしました。さらに、下水道施設復旧のため下水道局職員14名を19日に派遣いたしました。4月18日には水道局から6リットル入り給水袋1万袋を熊本に、国や各区と連携して簡易トイレ2,000個を被災地へ搬送いたしました。同日、医師を含める職員3名及び災害拠点病院のDMAT(災害派遣医療チーム)10チーム(都立病院は広尾、多摩総合)を派遣。他に小児科医師を2名派遣いたしました。
今後も現地の要請には出来る限り対応していきたい旨、担当副知事に要請しました。

4月20日には東京都議会より、熊本県及び大分県に見舞金を正副議長が届けることを決定いたしました。4月21日には新宿駅西口・東口及び立川駅において、防災都市づくり推進東京都議会議員連盟により募金活動を行うことを決定いたしました。皆様からの温かいご支援をお願いいたします。今後も、東京都が出来る被災地への支援を積極的に続けてまいります。
                                東京都議会議長 川井しげお
東京都から明るい未来を 中野区への想い…
国が舵取り出来ず、日本の将来の姿すら描けずにいる。この国が沈みゆくのを座して見過ごす事は出来ない。我々は、今生きる日本人の責任をはたす為にも東京が立ち上がり国の再生に繋がる政策を戦略的に展開し日本の力を十二分に引き出していかねばなりません。…続きを読む >>> 次世代の子供たちに『みずみずしいリンゴ』を渡したい。東京の最も弱点である木造密集地域の解消事業である「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業として、都内12か所を不燃化特区としてモデル指定しました。… 続きを読む >>>
災害に強い街づくり オリンピックを東京で!
3月11日の大震災を教訓に、どんな災害からも都民の生命と財産を守れる東京を構築していかねばなりません。民主党政権が止めた0m地帯(葛飾、江戸川etc)へのスーパー堤防、八ツ場ダムの建設を再開し、過去のカスリン台風時に尊い多くの命を失ったことが二度と繰り返さないよう整備していきます。…続きを読む >>> 大震災からの再生に東京が全国自治体の先頭に立って支援をし日本再生に繋げていかねばなりません。東京は東北のガレキを受け入れ、風評被害で苦しむ東北の観光の為一泊3,000円の支援を五万泊、24年度には福島県対象に日帰り旅行を加えて支援していきます。…続きを読む >>>
しげおが政治家になった理由。 ロンドンオリンピック2012視察レポート
最初のきっかけは高校生の時に土木屋の生涯を書いた「無名碑」という本を 読んだことです。これこそが国造りであり、男の仕事だと思い、武蔵工業大学土木工学科へ入学をしました。その年、恩師である中学時代の塾の先生が区議会議員の選挙に立候補しました。…続きを読む >>> 東京都議会オリンピック・パラリンピック招致議員連盟では、7月26日より5日間ロンドンオリンピック視察団を派遣致しました。…
続きを読む >>>